幼稚園児の幼稚園児の小さい子供から大人まで楽しめるウボンゴ のレビューです。

ボードゲームというよりは、タングラムと言えばイメージしやすいかもしれません。

決まった形を指定された枠にはめていくという単純なルール。

ウボンゴは年齢問わず楽しい!

ウボンゴは単純なルールですが、運の要素もあって、制限時間3分で、 完成したら「ウボンゴ」と言います。

長男(高2)長男(高2)

最初は「ウボンゴ!」と言うのが恥ずかしかったけど、今では言いたくてしょうがないヨ。

ボードゲーム ウボンゴのルールは簡単明確。
指定された形のピースを指定された枠にはめるだけです。

対象年齢は7歳からになっていますが、6歳年長の息子でもすぐにルールを覚えて遊ぶことができるので、勝てるかどうかは分かりませんが、幼稚園児であれば、ルールを覚えて遊ぶことが可能だと思います。

ウボンゴができた人から宝石が貰え、1位と2位では貰える宝石の点数が違います。

3分の間に完成できれば、宝石袋の中から1個見えないように宝石を取る事が可能です。

コレにより、一番点数の高い赤い宝石がゲットできれば、ウボンゴが早くできなくても、ゲームに勝利することが可能になっているのです。

ピースをはめるというウボンゴの仕組みにより、ピースを裏返したり、上下逆さまにしたりが必要になるので、頭を使います。

長女(中2)長女(中2)

ピースを3つ使う台紙と4つ使う台紙を選べます。4つの方が難しいんだけど、すぐできる時もあれば、どれだけ考えてもできない時もあるの。

知育にぴったりなボードゲームですよね。

3分間という時間も決められているので、集中力もつきます。

ちょっとした時間にもできるので、さっと出して遊べるのもウボンゴの魅力かなと思います。

手持ちのボードゲームの中でも、チビ(6歳)がやりたい!という催促が多いウボンゴでした!

created by Rinker
GP
¥2,778 (2020/09/23 18:03:26時点 Amazon調べ-詳細)